事業継承

伊勢原,厚木,秦野,税理士,税理士事務所,神奈川,伊勢原市,厚木市,秦野市,神奈川県,会計,税金,税務,財務,経理,節税,相続税,贈与税,資産税,法人税,所得税,消費税,地方税,決算書,試算表,年末調整,源泉徴収,記帳代行,事業承継,経営承継,資金繰り,相続,遺言,遺言書,遺産相続,遺産分割,成年後見,会社設立,起業,開業,独立,起業支援,創業融資,銀行交渉,税務調査,顧問契約,顧問税理士,税理士変更,経営計画,経営改善,資金繰り改善,税金対策,税務対策,経営対策,決算対策,節税対策,相続対策,相続税対策,資金繰り対策,税金相談,税務相談,経営相談,節税相談,相続相談,相続税相談,資金繰り相談,伊勢原,厚木,秦野,神奈川,伊勢原市,厚木市,秦野市,神奈川県,税理士,税理士事務所,相続,相続税,遺言,成年後見,会社設立,税金,節税,伊勢原,厚木,秦野,税理士,税理士事務所,神奈川,伊勢原市,厚木市,秦野市,神奈川県,会計,税金,税務,財務,経理,節税,相続税,贈与税,資産税,法人税,所得税,消費税
事業継承
同族会社である中小企業が存続していくためには、相続時の納税資金問題に取り組んでいくことが重要です。


事業継承

同族会社である中小企業が存続していくためには、相続時の納税資金問題で会社の経営内容が悪化しないよう、事前に事業承継問題に取り組んでいくことが重要です。

中小企業の承継には大きな問題があります。

ほとんどの中小企業が同族会社であるということです。

役員全員一族となると、多くの場合において後継者の候補は親族しかいなくなるため、親族以外の候補者は非常に少なくなります。

また会社の動産や借入金の保証人が社長個人であることも多く、すべてを第三者に後継させるのは非常に困難です。

そして最悪の場合、 「後継者不在」で仕方なく廃業の道をたどってしまうのです。 
この要因は明らかに「準備不足」です。

中小企業経営者の平均年齢は約 57歳、 60代 70代の高齢経営者も確実に増加しています。

いかに早めの対策準備が必要かをよく考えてみてください。
Share by: